はじめに

ようこそ


お母さんと

人生を切り開きたい人のためのがっこう

『よかよか学院』へ


日本の子どもたちの自尊感情が

調査国の中で最低レベルである

と報じられていました。


そしてその理由が


競争社会

長引く不況

核家族化

親子関係

宗教感の欠落


といろいろあげられていました。


どれも緊密に関連し原因の遠因だと思います。

でも、もっと根本的なことがあります。


がっこうにおいて自尊感情を表現する場所がないのです。


ぼくがかつて担任していた

小学校のクラスのことです。


自分が死ぬほど嫌いだと言っていた女の子に

居合わせた女子全員が、

その子の好きなところを伝えました。


そして同時に

自分達の大嫌いなところも伝えていました。


言われた彼女が気付いたことはたった二つ。


人は周りの人が「素敵」だと思っている所を嫌っていること。

どんな人も、自分の事を受け入れられず苦しんでいる、ということ。


この二つがわかって

彼女はものすごく楽になったそうです。


みんながおずおずしながらも

清濁あわせ持った自分を伝えること。


自分が受け取っている相手の「よさ」を伝えること。


この「伝え合い」の繰り返しから生まれる、

「それでいいんだよ」

「だからこそいいんだよ」

といった承認。


これが、今のがっこうにはまったくないんです。


わたしが一番嫌いなところが

クラスや所属場所を幸せにしている、とわかったとき

その嫌いだったところが

長所に。


集団を輝かせる天才性に

一瞬にして早変わりしていくのです。


そこに努力や獲得するための苦労は一切なく

ただ、「わたしであること」を喜んでいるだけなんです。


よかよか学院は

あなたのままでする子育てが

最高の輝きを家族にもたらせることを

あなたのそのままで表現する天才性が

所属した会社やがっこう、コミュニティーの中に

いくつもの奇跡をもたらせていることを

心から実感する場所です。


ぼくが小学生の子ども達と実践していた

「かかりの時間」にこんなフレーズがあります。


あなたを幸せにすることをしてください


そして


周りの人を幸せにすることをしてください



まわりの幸せ。

それはあなたの天才性や

あなたのままで表現することの先にしかありません。


今のあなたが

今のあなたでするからいいのです。



よかよか学院は

そんなあなたらしい自己表現に気づき

自己表現するあなたを応援する場です。

Illust by Kana Yamada