はじめに

はじめまして。『よかよか』学院のばななせんせいこと、小塙 雅多加(こばなわ まさたか)と申します。皆様とのご縁に、心より感謝しています。 


 

わたしは、今、公立の小学校で教員をしています。

途中退職し、違うことをした時期もありましたが(そのときもやっぱり子どもがらみでした)再び公立小学校に戻ってきました。


クラスの担任を毎年しているうちに「よいクラス」っていうのはたった一つの状態だと気づきました。


それは、すべての子が自分の役割を自覚し、自分らしく表現しているときです。

そうすると、必ず次の三つの状態を体験します。


つながる。

与える。

自分を好きになる。


ずっとずっと、どうしたら子どもを幸せにできるのか考え悩んできました。

でも、この三つに気づかせるだけで、子どもたちは幸せになり、その幸福感がクラスという場の中に広がることがわかりました。



わたしの夢は、いつか自分の学校『よかよか学院』をつくることです。

しかし、どこであっても、この三つに気づかせるよう手をさしのべれば、子どもたちは自分らしく表現するようになります。つまり、ここが『よかよか学院』になるわけです。


この小冊子は、よかよか学院の三つのキーワードについて説明したものです。

偶然手にしたこの小冊子に共感していただけたら、著者としてこの上ない幸いです。

よかよか学院 へようこそ

お母さんと 人生を切り開きたい人のためのがっこう 『よかよか学院』です

0コメント

  • 1000 / 1000