おわりに

いかがでしたでしょうか。これが『よかよか』学院です。

この冊子は生徒がもっている生徒手帳の校則欄のような気持ちで書きました。

もちん、所持するもしないも自由です(笑)。


今、自分のことを嫌いな子が増えています。

世の中が大きく変わって、古い価値観と新しい価値観が混在しているからです。教育の場でも、残念ながら自分を押し殺してもふさわしい表現をするよう指導されています。


しかしこれからは、過度な競争や、誰かに合わせて生きることは見直されていくでしょう。


自分らしく生きることが最も社会に貢献できるからです。


一つの出来事が、自分という花を咲かせるための体験だと考えられたとき、起こることに一喜一憂せず、ゆったりと成長しけます。


そこには、あるがままを受け入れてあげる「お母さん的マインド」が大切です。


お母さんは、子どもへの愛という最高級の愛を体験するため、あえて大変な役割を背負っています。

お母さんの力は、これからますます大切になるでしよう。


また、わたしたちは何よりも美しい物としてその価値を再確認し、リスペクトしていきたいものです。


こう書くと、母親が子育てをしなくちゃいけない、と誤解されるかもしれませんが、『よかよか』学院ではみんながお母さんになることが究極目標です。

仕事の人間関係も友達関係も母子のようにきっとなれるのです。 

 

つたない小冊子、最後までお読みくださりありがとうございました。 おわり

よかよか学院 へようこそ

お母さんと 人生を切り開きたい人のためのがっこう 『よかよか学院』です

0コメント

  • 1000 / 1000