幼稚舎とは

よかよか学院 幼稚舎は、


じぶんの「あり方」に気づいてみたい。

よかよか学院ってなに?

そもそも「あり方」って?


という方への入り口になります。


自身の「3.4年生」が一番「あり方」で過ごしているそうです。


ありスクでは、1〜6年生へ戻り、自分がどんな小学校時代を過ごしたのか、思い出し、やり残したことをやりなおしにいきます。


そのウォーミングアップ、とでもいうのかな。


子どもたちと一緒に遊び、ワークを通して母でも、妻でもない「じぶん」を思い出しにきませんか?


子どもはおかあさんが大好きです。


どんなに掃除が下手でも

料理が苦手でも

怒っても

大好きなんです。


だから、こどもが大好きなお母さん自身が自分を好きでいてください。

自分を大切にしてください。

それが家族をしあわせにする、一番の近道なんです。


「おかあさんのしあわせはかぞくのしあわせ」


自分を後回しにするのではなく、おかあさん自身が心から楽しんでいると、子どもも、自分を好きになりながら育っていきます。


自分のしあわせってなんだろう?

自分らしさってなんだろう?


子どもたちは一生懸命「おかあさんは、そのままでいいんだよー!」って表現してるんです。


日々の忙しさに追われているおかあさん、

少し時間をつくって「こんなわたし、居たなぁ」って思い出しに、そして、「こんな想いをもってたなぁ」って気づきに来てください。


そして、その「しあわせおかあさん」の繋がりをこれから、みなさんと一緒に作っていきたいと思います。

◆よかよか学院の伝えたいことや理念、

あり方で表現する、ということをギュッと凝縮した絵本

『教室は小さな宇宙』(PDF)


◆ばななせんせいのメルマガ

「ばななせんせいの あなたのこどもは世界一 お母さんスイッチをオンにして素敵な子育てを」


◆あなたのあり方に「それでいい」!

よかよか学院 スタッフブログ


Facebook「よかよか学院」


お問い合わせ

よかよか学院へようこそ

お母さんと 人生を切り開きたい人のためのがっこう 『よかよか学院』です

0コメント

  • 1000 / 1000